辛い頭痛や、体の痛みに悩んでるあなたへ。少しでも希望を持ってほしいと思い書いています。

柔道整復師は骨折の専門家です!声を大に出して言いたい事!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
どうも初めまして。 頭痛を癒し幸せを運ぶ施術家ひろといいます。 国家資格『柔道整復師』の免許を持っています。 原因不明な頭痛に悩んでるあなたを癒し幸せを運ぶ活動をしています。 世の中には頭痛で苦しんでる方がすごく多いと思います。 頭痛を少しでも改善していきたいと思いブログを書いています。 頭痛や体に対しての質問などにも答えていきますので、お気軽にお問い合わせから連絡ください。 よろしくおねがいします。

柔道整復師は骨折の専門家です!

柔道整復師の与えられてる権限として、ドクターの同意のもと、骨折した骨を繋げることが出来ます。

言わば、骨の専門家です。

だから、私は色々な骨折の症例に携わり、9864症例の骨折を診てきました。

なので、骨の専門家としては自負してます。

数例ですが、患者さんから載せて良いと言われたレントゲン写真を載せます。

いずれも骨折してる患者さんのレントゲン写真です。

こういった骨折を良くしてきました。

骨折の固定期間や、固定法を駆使して、良くしてきたのです。

骨折の部位によって固定期間が違うことも熟知してるし、今から、骨折の固定期間を言ってきますね。

骨折の固定期間はどれくらいか?

骨折の固定期間は、骨の場所によって違います。

まず、

二の腕の骨折の場合、

約6週から7週

前腕(橈骨・尺骨)の場合

約5週

手の場合

約3-4週

鎖骨の場合

約4週

肋骨の場合

約3-4週

骨盤(腸骨・坐骨・恥骨)の場合

約8週

ももの骨(大腿骨)の場合

約4-12週

膝のお皿(膝蓋骨)の場合

約6週

すねの骨(脛骨・腓骨)の場合

約6週

足の骨の場合

約4-6週

だいたいの目安ですが、骨が着く期間です。
ただし、この期間は、固定して安静してる前提です。

だから、動かしたり、固定しなかったリしたら、骨が着くものも付かなくなります。

骨が着かないとどうなってしまうと思いますか?
とても厄介なことになってしまいます。

今後の人生に関わってしてしまいますので、しっかり固定して安静にすることをお勧めします。

骨折をほっとくと良くない理由は?

後遺症として、

偽関節になってしまいます。

偽関節とわ?
文字通り、偽(ニセ)の関節が出来てしまうんですね。
だから、あらぬ所で降り曲がってしまうことになってしまうのです。

痛みがなかなか引きにくい。

痛みが続いてしまい、とても不快になってしまいます。
天気とかにも左右され、悪天候になると、疼くような痛みに悩まされます。

腫れやすくなってしまう。

腫れが目立つようになります。
何もしてないのに腫れてしまい、色も何だか変色してしまいます。

だから、骨折はしっかりと固定して、後遺症をなるべくなくさないようにしましょう。

まとめ

骨折の専門家の柔道整復師からのお願いとして、
骨折と分かったら、しかっりと固定してもらうことをお勧めします。

そして、辛い後遺症に悩まされないようにしましょう。

ぶつけたり、捻ったり、怪我した時はしっかりと専門家に診てもらいましょう。

あなたの『痛い!』を手助けできる施術家の健康ブログでした。
今日もありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
どうも初めまして。 頭痛を癒し幸せを運ぶ施術家ひろといいます。 国家資格『柔道整復師』の免許を持っています。 原因不明な頭痛に悩んでるあなたを癒し幸せを運ぶ活動をしています。 世の中には頭痛で苦しんでる方がすごく多いと思います。 頭痛を少しでも改善していきたいと思いブログを書いています。 頭痛や体に対しての質問などにも答えていきますので、お気軽にお問い合わせから連絡ください。 よろしくおねがいします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 頭痛を癒し幸せを運ぶ施術家のブログ , 2017 All Rights Reserved.